楽天ファンのCFD米国レバレッジインデックス投資

CFDで米国指数にレバレッジをかけて爆益を目指す

2021年NISA枠を使い切りました

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

おはようございます!

楽天ファン投資家です。

 

この1週間で色々と投資したので、その報告です。

 

f:id:fxkabu:20210110070709p:plain

NISA枠を使ってVUGとVBKに投資しました!

そして余ったドルでVTとAIQにも投資しました!

 

VUGはバンガード・米国グロースETF、VBKはバンガード・米国スモールキャップ・グロースETFで、どちらもグロース株に投資するETFですが、VUGは大型グロース株、VBKは小型グロース株という違いがあります。

 

VUGの上位銘柄にはGAFAMにテスラ、ビザ、マスターカードなど米国株に投資していない人でも知っている企業が含まれています。一方VBKの上位企業を見ても全然わかりませんでした。完全にバンガードにお任せの投資スタイルですね。

そんなんでも1年の経費率はVUGが0.04%、VBKでも0.07%と非常に良心的で有難いです。

 

VUGとVBKで今年のNISA枠120万円をほとんど使った形になりましたが、1万円弱ほどの余りが出たため、金額指定ができるeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)に投資して120万円綺麗サッパリ使い切ることに成功しました。

 

今回の年初NISA一括投資では、余裕を持ってドル転したためドルが1000ドルちょっと余りましたが、円に戻すのは為替手数料が発生して勿体なく感じ、余ったドルは無難にVTに投資しておきました。楽天証券ではVTの買付手数料が無料だったのも理由です。そしてVT購入後に微妙に余った分はAIQに投資しました。

AIQはグローバル・X・AI&ビッグデータ・ETFというもので、楽天証券の説明によると「AI(人工知能)技術の発展の恩恵を受ける企業やビッグデータの利用・開発等に関わる企業に投資するETF」だそうです。1年の経費率は0.68%とやや高く感じますが、楽天証券での買付手数料が無料で、世界的にAIは成長が望めそうだと思ったので投資してみました。仮にダメでも少額なので、まあ大丈夫でしょう。

 

こんな感じで久々に投資で色々やったんではないかと思う1週間でした。

あとはGMOクリック証券CFDでインドNifty50指数を積み立てていくだけの1年になっていくと思います。今年はドル建てETFと米国指数、インド指数に限定した投資となり、投資に関しては動きがなく面白みのない退屈な1年となってしまいそうですが、投資で退屈な分を他の楽しいこと(ゲームや野球)に集中していくつもりです。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ