楽天ファンのCFD米国レバレッジインデックス投資

CFDで米国指数にレバレッジをかけて爆益を目指す

楽天転落のターニングポイント?

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

おはようございます!

楽天ファン投資家です。

 

今回は選手レビュー……ではなく、今シーズンの試合を振り返って、どの試合が楽天転落の始まりだったのかを考えてみようと思います。

 

もしかしたら多くの人は7月下旬のオリックス6連戦(結果は1勝4敗1分)あたりを挙げるかもしれませんが、私は7/10のソフトバンク戦がキッカケだったのではないかと思っています。振り返ってみると本ブログで三木野球を全面的に批判したのは、この試合からだったように記憶していますね。

 

www.rakutenfan.com

 

当時の楽天は投打ともに絶好調で、他のチームを寄せ付けないほどの圧倒的な勢いがありました。順位はもちろん首位。ハイペースで勝ち続ける三木野球に対して賞賛の嵐でした。当時から確率や期待値に沿わない采配も多少ありましたが、選手の負担分散はそれなりにできていましたし、私自身も今年の楽天はいけるかも、と思っていたのも事実です。

 

当時の三木野球賞賛ムードの中、こんな三木野球を批判するような記事を投稿したら楽天ファンから叩かれてフルボッコにされてしまうのではないかと恐れはしましたが、どうしても采配に納得できず、それと同時に嫌な予感がしたので勇気を持って記事を投稿したというのが当時の心境です。

 

そして、その嫌な予感は的中してしまいました。この日を境にチーム状態は反転し、ソフトバンクに3連敗。その後の西武戦で多少持ち直しはしましたが、7月下旬のオリックス6連戦が決定的でスタートダッシュの勢いは完全に消滅してしまいました。

 

逆に当時苦しんでいたソフトバンクは7/10の試合をキッカケに、少しずつ本来の強さを取り戻していったように感じます。もしも最初のソフトバンク6連戦で上手い試合運びができていたら……、今シーズンの結果は違うものになっていたかも……。

 

以上、タラレバ記事でした。

 

▼良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ